和食に含まれるDHA

和食を見なおそう

よく「魚を食べると頭が良くなる」ということを耳にしますが、これは魚に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)の効能の一つを端的に表した一言だと思います。
 DHAには中性脂肪の低下や、脳の活性化を促す効果があり、最近特に注目されている成分の一つです。
 食品群としては、圧倒的な数で魚類に多く含まれています。
 安価で摂取しやすい魚ですとさんま・さば・ぶり・まいわしなどが上げられるでしょう。
 現代の日本では食の欧米化がすすみ、動物性の食品を主食として食べる機会が多くなりました。
 しかし、こうした欧米食は中性脂肪の数値を上げる飽和脂肪酸が多く、今こそ和食の素晴らしさを見直す時期です。
 DHAが多く含まれるさんまやさばなどを焼いて食べれば簡単に調理できますし、カロリー的にも比較的低くダイエットにも効果的で一石二鳥です。
 また、これも日本の伝統的な食べ物であるお寿司にもしめさば・まぐろ・かずのこなどの食材があり、それぞれDHAを多く含みます。
 欧米食を否定するつもりはありませんが、日本の伝統的な和食も健康的にはとても素晴らしいものですので、積極的に摂取するべきだと思います。