魚にはDHAが豊富

魚にはDHAが豊富です

DHAを豊富に含んでいるの魚です。
魚の種類によってDHAの含有量には大きな差があります。
DHAは脂に含まれているので、脂たっぷりの、ややこってりめの魚がおすすめです。
DHAが多いのは、イワシやサバなどのいわゆる青魚です。
また、マグロなら霜降りのトロの部分に多く含まれています。
カブト煮などで食べる目の裏のゼリー状の部分には、最も多くのDHAが含まれています。
青魚以外ではウナギ、サケ、筋子などにも豊富に含まれています。
DHAを最も効率よく摂るには、魚を生で食べることです。
一番いいのは、刺身で食べることです。
煮たり、油で揚げたりすると煮汁や揚げ油にせっかくのEPAやDHAが流出してしまうと言われています。
また、手軽に摂取できる加工食品としては魚の缶詰が最高です。
中でも、「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などは、原料そのものにDHAが多く含まれています。
缶汁の中にもDHAがたくさん含まれているので上手に利用したいものです。
このように魚に多く含まれるDHAは、健康に不可欠な必須脂肪酸といわれています。しかし、人間の身体の中でDHAをつくることはできず、食べ物からとるしかありません。身体全体の細胞の一部にDHAは含まれているので。食べるよう気をつけましょう。